さいたま市南区・南浦和の予防歯科なら、ふじた歯科クリニック

診療内容

痛くなる前の予防歯科

歯科検診

健康なお口もとづくりそして維持するためには、自分の歯と歯茎の状態を把握することからはじめましょう。
どんなこともまずはお気軽に歯医者さんへご相談ください。

お口の中のお悩みを我慢していませんか?

  • 歯が痛む
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯がしみる
  • 噛むと痛い
  • つめ物・かぶせ物が取れた
  • 歯が欠けた、折れた、抜けた
  • 口内炎ができた
  • 歯ぐきがはれた、血が出る、膿が出る
  • 口臭が気になる
  • たばこのヤニ、茶渋を取りたい
  • 入れ歯が痛い

どんな症状でもまずはお口のチェックからです。
少しの違和感がある時に早期発見もしくは予防の処置をすることで、難しい治療や手術をする必要はなくなります。
歯が抜けてしまうようなリスクも避けることができます。

気になる症状や違和感がある方は、迷わず歯医者さんを受診してください。

歯のクリーニング・PMTC

PMTCとは、プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、一言でいうと、歯科医師・歯科衛生士によるプロの歯・お口のお掃除です。
スケーリング(歯石取り)からポリッシング(研磨)を行います。
歯の汚れは気になるもの。毎日歯みがきを欠かさずやっても、完璧にキレイにするのはむずかしいもの。落ちない汚れや、磨き残しは出てきます。
家の大掃除や衣服のクリーニングもプロに頼めばやっぱり仕上がりが違います。
気になる歯の汚れも、私たち歯科医師や歯科衛生士にかかれば見違えるほどキレイになります。

スケーリング(歯石取り)とは?

スケーリング(歯石取り)

歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取ることを「スケーリング(歯石取り)」と言います。
歯石は歯に付いた汚れや歯垢(プラーク)が、だ液中のカルシウムで固まったものです。
とても硬い物質で歯みがきや洗口剤では取ることができず、スケーラーという器具や超音波を利用して除去しなければなりません。
スケーリング後は、前歯の裏側がざらざらした感じがすることがありますが、きれいな歯根が露出したためのもので次第になれてくるでしょう。
歯石になる前の歯垢の状態でしたら、クリーニングはずっと簡単になります。

歯みがき上手のあなたも、毎日普通に歯みがきをしているあなたも、 一度プロによる徹底的な大掃除、歯のクリーニング・PMTCを受けることをお勧めします。仕上がりは、たばこのヤニ・茶渋・歯垢・歯石がキレイに落ち、とてもさわやかで大好評です。

●歯のクリーニングの頻度・間隔
お口の中の状態により頻度は変わりますが、通常は3~6ヶ月に1回位が目安です。定期検診と併せてご来院頂く方がほとんどです。虫歯・歯周病予防は、スケーリング・歯のクリーニングを行えばそれでOKというわけではなく、毎日の家庭でのプラークコントロール・歯磨きも非常に重要です。

ご来院頂いた際は、お一人ひとりに合わせた歯磨き指導や食事のアドバイスなどもさせて頂きます。
くわしくはスタッフに遠慮なくご相談ください。

妊娠時のお口のケア

「妊娠すると歯周病になりやすい」「出産すると歯が悪くなる」などの話を耳にしますね。
確かに、妊娠によってむし歯や歯周病のリスクは高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することも可能です。
妊娠期の歯・お口の健康を保ち、安心して出産を迎えてほしいと思います。

妊娠中の歯周病予防

  • 食事や間食の回数が増すので、食後の歯みがきやうがいをこまめに行うようにしましょう。「つわり」の時には、できるだけ気分のよい時に歯みがきを行い、みがけない時はぶくぶくうがいをしましょう。
  • 食の好みも変わりやすいので、糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら食べることは控えましょう。

妊婦歯科健診

妊婦さん

妊娠中はむし歯や歯周病になりやすくなっている上に、初期症状に自分からは気づきにくいものです。
つわりがおさまる4~5カ月頃に歯科健診を受け、比較的体調の安定した妊娠中期に必要な歯科治療を済ませましょう。

赤ちゃんの歯の発育

子どもの歯が生え始めるのは生後6~8カ月頃ですが、歯のもとになる芽(歯胚)ができ始めるのは妊娠7~10週頃です。妊娠4~5カ月頃からは、この歯の芽にカルシウムやリンがくっついて少しずつ硬い組織になり、歯の形を作っていきます。一部の永久歯の芽も妊娠期から作られ始めます。
赤ちゃんの丈夫な歯を作るためにも、バランスのとれた食事を心がけましょう。

※エックス線撮影の胎児への影響
歯科治療で通常用いられるエックス線の放射線量はごくわずかですし、照射部位も子宮から離れているので、お腹の赤ちゃんにはほとんど影響はありません。
当院は、通常のパノラマX線撮影の約1/5の放射線量の歯科用CTによる撮影を行います。

↑
PAGE TOP